CRPS: complex regional pain syndrome 複合性局所疼痛症候群

私は今まで一度も本症候群に出会ったことがなかったのですが、ついに真剣に鑑別診断として考える必要がある状況になりました。全く勉強したことがない分野で(どちらかというとpainやリハビリ領域での文献が多いようです)、勉強した内容をまとめます。どうしても雲をつかむような話も多くなってしまうかもしれませんが、ご容赦ください。 read more

アウトプット Output

今回の記事は医学の具体的な内容ではなくここでは「学ぶ」こと、特に「アウトプット」に関して普段私が感じていることをまとめさせていただきます。気楽に読んでいただけますと幸いです。 read more

麻薬拮抗薬鎮痛薬

ポイント
天井効果(ある一定量以上投与しても鎮痛効果は同じ)があるため一定以上の鎮痛効果を望むことは難しい。(確実な鎮痛を望む場合は用量依存性に効果を得られる麻薬性鎮痛薬を使用するべき)
短時間の処置、侵襲的検査などで使用する場合がある。
他の強オピオイドの作用を拮抗してしまう点に注意。
・麻薬処方せんが不必要であるため使用しやすい。 read more

アセトアミノフェン Acetaminophen

ポイント

1:解熱鎮痛薬の第1選択(長期使用での副作用が比較的少なく、NSAIDsの前にまず使用を検討)
2:十分量を使用して効果がない場合にはじめて他の解熱鎮痛薬を検討する(投与量が十分でない状態で「効果なし」と判断されている場合が多い点に注意)
3:NSAIDsと異なり抗炎症作用はない(痛風などには効果がない) read more

痛風 gout

病態/臨床像

・病態:尿酸ナトリウム結晶の沈着
・男女比が9:1と圧倒的に男性に多く、女性で少ない理由は閉経前エストロゲンの作用で尿酸排泄が亢進しているためと考えられている。
・結晶の析出が病態なので、基本温度が高い体幹近くの関節では起こりにくく温度が低い遠位の関節で発症しやすい。また夜間は体温減少するため結晶が析出しやすい(このため明け方に母趾MTP関節での発症が多い)。 read more

2次性高血圧症

原因

成人で2次性高血圧は高血圧全体の5~10%を占めるとされています(AmFam Physician. 2010;82(12):1471-1478.)。このため、高血圧患者さんを全て本態性高血圧症と片付けるのではなく、一度は2次性高血圧症の評価を行うべきです。2次性高血圧症の原因は下記が挙げられます。 read more

一過性脳虚血発作 TIA: transient ischemic attack

個人的にはTIAの診断は病歴聴取能力をよく反映した疾患と思っており、研修医の先生にも積極的に指導している疾患です。高齢者の「なんとなくちょっと調子がわるかった」が全てTIAになってしまうとその後ずっと抗血栓薬を内服しつづけないといけない代償が大きいですし危険です。 read more