呼吸機能検査 フロー・ボリューム曲線

フロー・ボリューム曲線

フロー・ボリューム曲線は横軸:容量(ボリューム:左へいくほど多い、右へいくほど少ない)、縦軸:流速(上が呼気で下が吸気)を表現した曲線です。フロー・ボリューム曲線はそもそもどういうものなのか?その成り立ちを解説していきます。 read more

呼吸性アルカローシス

病態

呼吸性アルカローシスは何らかの原因で呼吸中枢が活性化し、換気量が増えることでPaCO2が下がる病態です。呼吸を駆動系・肺胞・血液の3つに分類すると、駆動系の問題に該当し、肺胞や血液の問題ではありません。このため鑑別はかなりシンプルになります。 read more

アナフィラキシー anaphylaxis

病態

アナフィラキシーはアレルギーの中でもⅠ型アレルギーに属し、抗原暴露に伴い抗原が肥満細胞上のIgEと結合し、肥満がヒスタミンを分泌することで全身臓器に影響を起こします。もともとIgEが肥満細胞上に載っているため、抗原暴露後すぐに反応が起こります。下図のオレンジ色点線で囲った部分が該当します(好酸球などは時間がかかりアナフィラキシーの病態にはほとんど関与しない)。 read more

なぜあなたは呼吸回数を測らないのか?

みなさま普段呼吸回数をきちんと測っていますでしょうか?実は偉そうなことを言っておきながら、私は初期研修医の時に呼吸回数をあまり測ることが出来ていませんでした・・・。呼吸回数は「バイタルサイン」の1つですが、実際カルテに記載がなかったり、プレゼンテーションでも言っていない場合があったりと、非常に軽視されている場合が多いように感じます。 read more

気管切開カニュレ

1:構造

気管切開をされている患者さんは神経内科領域ではALSの患者さんなどかなり多いです。ここでは気管切開カニュレ(チューブ)のの構造と基本的な管理、交換方法に関して解説します。 read more

人工呼吸管理と循環動態

通常私たちは陰圧換気(胸腔内圧を陰圧にすることで大気と肺胞内に圧較差を作り、空気を肺に流入させる方法。詳しくは人工呼吸器の原理の項こちらをご参照ください。)をしていますが、人工呼吸管理では陽圧換気(陽圧をかけることで肺胞内と圧較差を作り空気を肺に流入させる方法)を行います。陽圧換気では胸腔内圧が上昇し、胸腔には心臓・肺・血管など循環動態を担う様々な臓器が存在しているため、循環動態へ影響が出ます。その影響を右室系、左室系に分けてそれぞれ解説していきます。 read more

VILI: ventilator induced lung injury

1:病態

歴史的には1950年台ポリオの流行により人工呼吸の創成期を迎え、人工呼吸器による肺障害が認識されるようになりました。そして1967年人工呼吸器管理患者の剖検でびまん性の肺胞浸潤、ヒアリン膜形成を認め “respirator lung”と名付けられたのが人工呼吸器関連肺障害の始まりです。これらをまとめて現在はVILI (ventilator induced lung injury)もしくはVALI(ventilator associted lung injury:人工呼吸器関連肺損傷)と表現します。臨床的にこの重要性が認識されるようになったのは、ARDSの管理で”low tidal volume ventilation”が予後を改善することを示したことが大きいです。 read more

肺のメカニクス

1:肺は縮みやすい・胸郭は縮みにくい

呼吸を考える際、私たちはついつい肺のことだけを考えてしまいますが、実際には「肺」と「胸郭」が合わさって呼吸器システム”passive respiratory system”を形成しています。ここではこの呼吸器システムがどのような物理的特徴を持っているか?いわゆる「肺のメカニクス」に関して考えていきます。 read more