ベーカー嚢胞 Baker’s cyst

病態

ベーカー嚢胞は膝窩に位置する半膜様筋と腓腹筋の滑液包が拡大したものです(このように厳密には滑液包なので嚢胞という名称は正確ではありません)。半腱様筋と腓腹筋の間から滑液包が拡大して後方に広がることで臨床的には膝窩の嚢胞として認識します。この滑液包は通常膝関節の関節腔と連続しています。下図にイラストをまとめました。 read more

頚椎症による神経障害

病態

頚椎症は頸椎の骨・椎間板・靭帯などが加齢などの原因により変性する病態を意味します。これらの変性により神経が圧迫される病態は大きく分けて2つあり、1:神経根を圧迫する頚椎症性「神経根症」(radiculopathy)と2:脊髄を圧迫する頚椎症性「脊髄症」(myelopathy)が挙げられます。頚椎症による神経障害を考える場合は、両者をきちんと分けて考えることが必要です。例えば外側に椎間板が突出すれば神経根を圧迫し頚椎症性神経根症を呈しますし、ほぼ正中に椎間板が突出すれば神経根は圧迫せず脊髄を圧迫し頚椎症性脊髄症を呈します。 read more