morning glory sign

“morning glory”は朝顔のことを意味し、”morning glory sign”は進行性核上性麻痺(以下PSP)の患者さんの頭部MRI画像検査の所見として提唱されているものです。私は恥ずかしながら全く知らなかったのですが、先日読影レポートに記載があり勉強させていただきました。

一番最初に報告されたのはおそらくこの論文(Magn Reson Med Sci. 2004 Dec 15;3(3):125-32.)で、ここで43例のパーキンソン症候群患者(内訳:PSP5例、PD23例、MSA14例 病理での確認なく臨床診断)の画像所見を解析してPSPに特徴的な凹面を認め、その様子が朝顔を横から見た像に似ていることから名付けられています。

以下の画像はhttps://www.hyponex.co.jp/plantia/search/3792より引用させていただきました。

アサガオが枯れる原因と対策。枯れそうなときの復活方法について|植物とあなたをつなぐPlantia

この論文にはその後commentの論文が付き、角度によってmorning glory signに見える場合もあれば見えない場合もあるため注意が必要であるとされています(Magn Reson Med Sci. 2007;6(3):183-4; author reply 185. )。

PSPの画像診断ではでは矢状断での”humming bird sign”が有名ですが、矢状断動眼神経や眼球運動中枢を含んだ中脳部分の評価が十分にできていません。このため横断像での中脳の眼球運動中枢部分の萎縮を捉えることが出来ないか?というのが病態との対応関係になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。