感染症 おすすめの本

感染症は何科にすすむにしても極めて重要な領域ですので、初期研修中に基本をきちんと理解していくことが重要と思います。本も沢山出版されていますが(読んだことが無い本も沢山ありますが・・・)、自分が今まで読んだ本のなかで良かった物を紹介させていただきます。本の画像をクリックしていただくとAmazonのリンクに移動することが出来ます。

レジデントのための感染症診療マニュアル 著:青木眞先生

日本語で書かれた感染症本で最も詳しく感染症に関して書かれています。最初の方に感染症へのアプローチ、考え方も書かれており素晴らしい内容です。とても詳しい内容のため私は正直初期研修のときはそこまで使いこなせませんでしたが、後期研修からどんどん調べるのに使っております。ずっと使える1冊として常備しておきたい本だと思います。

抗菌薬の考え方、使い方 著:岩田健太郎先生

この本の特徴としては抗菌薬の知識を整理するというよりは、実臨床でそれぞれの抗菌薬がどういう特徴を有しているかを口語調で読みやすく書かれているという点が挙げられます(個人的な意見なども記載されているため教科書という感じではなく読みやすいです)。特に薬のニュアンスをつかむのにとても役立ちます。
逆に表で抗菌薬をまとめて整理するというアプローチではなく、私は抗菌薬を勉強するときに一番最初の本としてこの本を読んだのですが、読みやすくてそれぞれの抗菌薬のイメージは付けやすかったですが、知識を整理するのが大変でした・・・。整理するには下記の矢野先生の本などの方が良いかもしれません。

絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 著:矢野晴美先生

各抗菌薬のまとめ、整理にはうってつけの1冊だと思います。コンパクトによくまとまっています。感染症科がない研修病院も沢山あると思いますので、初期研修医の先生方が最初に抗菌薬を勉強するにはとても良い教科書だと思います。こればっかりは覚えていかないと仕方ありません・・・。

感染症レジデントマニュアル 著:藤本卓司先生

ポケットサイズで持ち運ぶことが出来る感染症本として一番良いと思います。最初の方にグラム染色の写真があり、途中途中にも臨床的な考え方が書いてあり姿勢が勉強になります。

誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 著:岸田直樹先生

風邪をテーマに「何をもって風邪といえるか?」「見逃してはいけない疾患は何か?」だけでなく、感染症へのアプローチ原則まで幅広く分かりやすく解説されています。私は初期研修医のときに第1版を読みましたが素晴らしい内容で、とくに救急外来での発熱へのアプローチが非常に勉強になりました。初期研修医からおすすめの一冊です。

サンフォード感染症治療ガイド

抗菌薬の持ち運べるマニュアルとして右に出るものは無いと思います(読み物ではなく調べるマニュアルです)。私はサンフォードガイドのアプリ版(英語)をスマートフォンにダウンロードして医者1年目からずっと今でも使用しております(更新するたびにお金が4000円くらいかかるのが残念ですが・・・)。
もちろん紙版でもよいですが、紙版は独特な記載方法がされているためやや慣れを要します。アプリ版は検索機能が付いているため、抗菌薬の容量、腎機能での調節量や相互作用などがすぐに調べられるためとても便利です。将来どの科にいくにしても必ず必要な本だと思います。

Harrison’s principles of internal medicine

昨今は”Up to date”など優れた学習ツールがあるため、”Harrison”を読む方は少なくなっているかもしれませんが、実は”Harrison”はそのほぼ半分のページが感染症に割かれており、臨床的な内容も検査特性から治療まで含めて非常に詳しく記載されているため是非感染症のチャプターだけでも読むことをおすすめします。「やっぱりすごいねHarrison!!」と感動します。
アプリ版も発売されており、私はアプリ版を購入してスマートフォンに入れて持ち運んでいます。私は感染症のところは”Harrison”ほぼ読みましたが、日本では出会わない感染症も沢山記載してあるのでそこはスルーしておりました・・・(Rockeymountain spotted fever, Coccidioides感染症な)。

Mandell, Douglas, and Bennett’s “Principles and practice of infectious diseases” 「通称:マンデル」

臨床感染症の本で最も詳しいのはおそらくこの本です(訳本はなく英語です)。菌ごとにページがあり、その後に感染症ごとにページがありすごいボリュームで威圧感があります・・。私は知らない感染症に出会った時にしばしばこの本で調べていましたが・・・もちろん通読などできては到底できておりません。調べる辞書的な使い方になると思います。感染症の最後の砦の本として知っておいても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。