ミコフェノール酸モフェチル MMF: mycophenolate mofetil

作用機序

ミコフェノール酸モフェチル(MMF: mycophenolate mofetil)はミコフェノール酸のプロドラッグです。MMFは体内でミコフェノール酸へ加水分解され、プリン体代謝を阻害します(下図参照)。これによりT・B細胞の合成を阻害し、免疫抑制作用を持ちます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-206-1024x573.png

一般名:セルセプト

製剤:250mg/1Cp

投与量:2000mg/日 最大量:3000mg/日

投与方法:1日2回投与(12時間おきに内服)

副作用

感染症、骨髄抑制、リンパ腫、BKウイルス腎症

薬剤相互作用

併用禁忌:生ワクチン

併用注意:アザチオプリン、シクロスポリン、マグネシウム製剤、ランソプラゾール、シプロフロキサシン、アモキシシリン・クラブラン酸、リファンピシン、アシクロビル、バラシクロビル、ガンシクロビル、不活化ワクチン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。