注目キーワード

遺伝性脳小血管病

若年性脳血管障害で特に塞栓機序ではなく、小血管病を疑う場合に考慮すべきが遺伝性脳小血管病です。疾患名も遺伝子名も非常に覚えにくくややこしい領域ですが、勉強した内容をまとめます。

CADASIL :cerebral autosomal dominant arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy

遺伝子:NOTCH3遺伝子変異→血管平滑筋変性 *一般的に「カダジル」と呼びます
遺伝形式:AD
臨床像:若年時片頭痛→30-40歳代ごろの脳血管障害
画像所見:側頭極白質病変外包病変(その他の白質脳症でも認め特異的ではない) 下図はAJNR Am J Neuroradiol. 1999 Jan;20(1):91-100.より引用

CARASIL: cerebral autosomal-recessive arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy

遺伝子:HTRA1遺伝子変異(N Engl J Med 2009;360:1729-39)→血管平滑筋変性、内膜肥厚
遺伝形式:AR *一般的に「カラシル」と呼びます
臨床像:禿頭変形性腰椎症を伴う遺伝性白質脳症
画像:特異的な所見はない
(下図はNeurology. 2016 Apr 12;86(15):e166-e167.より引用)
C:両側橋中小脳脚の信号変化は“arc sign”と表現され特徴とされますが、橋横繊維のwaller変性を示している所見で特異的ではありません。

COL4A1 related disorders

遺伝子:COL4A1→Ⅳ型コラーゲンの遺伝子異常
遺伝形式:AD *一般的に「コル four A one」と呼びます
臨床像:発症年齢、症状、画像所見が非常に多彩
小児の場合は列脳症、孔脳症など
成人:石灰化、脳動脈瘤、白内障、網膜動脈蛇行(retinal arterial tortuosities)
石灰化:基底核  (下図はEur J Neurol. 2020 Dec;27(12):e84-e85. より引用)

RVCL: retinal vasculopathy with cerebral leukoencephalopathy

遺伝子:TREX1遺伝子→CXCL10ケモカインの過剰活性による網膜・脳を主体とする微小血管障害・成人発症(小児発症のAicardi-Goutieres syndromeもTREX1遺伝子が関与するがN末端の問題であり、RVCLはC末端の問題)
遺伝形式:AD
臨床像:神経学的巣症状 68%、片頭痛 59%、認知機能障害 56%、精神症状 42%、痙攣 17%、肝障害 78%、貧血 74%、腎障害 61%、高血圧60%、レイノー現象 40%

画像所見:白質病変 97%、造影効果を伴う腫瘤 84%、白質石灰化 52%(BRAIN 2016: 139; 2909–2922)

造影効果、浮腫を伴う腫瘤性病変(脳腫瘍やtumefactive MSと間違える場合)引用:Neurology ® 2018;91:e1423-e1428.

Fabry病

こちらにまとめがありますのでご参照ください。

Aicardi-Goutieres症候群

遺伝子:TREX1, RNASEH2B, RNASEH2C, RNASEH2A, SAMHD1, ADAR1, and
IFIH1

遺伝形式:AR 基本は小児疾患
臨床像:
画像所見:脳内石灰化(90.9% 基底核77.3%, 白質73.6%, 視床21.8%, 小脳25.5% 歯状核14.5%>小脳白質10.9%, 脳幹 10.0%, )、白質脳症(99.2%: fronto-temporal, diffuse, periventricular)、大脳萎縮(91.8%) Neurology ® 2016;86:28–35


CRMCC: cerebroretinal microangiopathy with calcification and cysts, Coats plus

遺伝子:CTC1遺伝子変異
遺伝形式:AR 全身病(閉塞性小血管異常 壊死、嚢胞形成、石灰化、二次的な白質障害)
画像所見:白質脳症石灰化嚢胞 下図はMedicine (2017) 96:1(e5545)より引用

LCC: Leukoencephalopathy with brain calcifications and cysts

遺伝子:SNORD118(Nat Genet. 2016;48:1185-1192.) 脳以外の病変なし 別名:Labrune syndrome
遺伝形式:AR
画像所見:白質脳症石灰化(あちこち)、嚢胞形成 *疾患の名前の通り 下図はWang et al. Journal of Medical Case Reports 2013, 7:151より引用

下図はClinical Genetics. 2017;92:180 – 187.より引用。

今後も少しずつ勉強した内容を更新していきます。