LDH上昇へのアプローチ

採血結果のうちLDH上昇は「どーせなんでもLDHは上昇するだろー」と高を括って、原因をアセスメントされずに放置されているケースをしばしば目撃します。しかし、LDH上昇が手掛かりとなり病態解明のヒントとなることもあり、一度LDHに助けられるとそのありがたみを痛感する検査項目でもあります。ここではLDH上昇へのアプローチを解説します。

まずroutineで確認するのは同時採血のHb、血小板、血液像、CK、肝逸脱酵素です。これらから溶血性貧血はないか?横紋筋融解症はないか?肝逸脱酵素の影響か?を判断します。

そしてこれらのroutineでひっかからない場合は、腎臓が障害された場合の「腎梗塞」(詳しくはこちらをご参照ください)、肺が障害された場合の「間質性肺炎」・「ニューモシスチス肺炎」、そして組織が壊れる代表の「血液系悪性腫瘍」を考慮します。特に悪性リンパ腫などは持続的なLDH単独上昇だけが診断のヒントとなる場合もあるため、LDH上昇が持続しているときはかならず鑑別に挙げるべきです。

LDHの分画に関しては今まで自分の臨床経験ではLDH分画のおかげで診断に至った、もしくは診断の参考になったという経験は正直なく、意義はなかなか難しいところです(それでも提出することもあります)。LDH分画に関してはご意見もしございましたら教えていただけますと幸いです。

回診でもLDHはだいたいスルーされてしまっていることが多いですが、きちんと毎回原因をアセスメントする習慣をつけたいです。測定しているからには結果を解釈しましょう。

“LDH上昇へのアプローチ” への2件の返信

  1. LDH上昇は後から振り返ると…とスルーして痛い経験をすることが多いですね. problem listから漏れやすい気がします.

    CK上昇やトランスアミナーゼ上昇を伴わず症状がない場合は, 血液系腫瘍以外にも固形腫瘍を鑑別に挙げる必要があるでしょうか(Isr Med Assoc J. 2014 Jul;16(7):439-43. PMID: 25167691). 私の経験ではLDHが異常に高く, 腫瘍検索で肺癌が見つかったことがあります. LDH分画は当日出ないので, 後から分画を見てやっぱりここが出どころだよね, と振り返る時に使うことが多いですかね. LDH上昇の原因の検討がついていない時は分画から探るアプローチもあるのかもしれません(そのような症例は残念ながら経験できていませんが).

    1. コメントいただき大変ありがとうございます。
      ご指摘の通りLDH上昇はプロブレムリストから漏れてしまっていることが多々ありますよね・・・。
      固形腫瘍に関してもご教授いただき大変ありがとうございます。
      分画に関してもコメントありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。