注目キーワード
CATEGORY

呼吸

人工呼吸器 モード・設定

人工呼吸器の原理に関して別項で解説させていただきました(こちら参照)。ここではこの原理を踏まえて、ややこしい人工呼吸器のモードと具体的な設定を解説します。 1:モード 人工呼吸器が換気をサポートする方法は「強制換気」と「補助換気」の2通りあります。前者は人工呼吸器で強制的に空気を送り込むことで一定の換気量(もしくは圧)を得る方法で、後者は患者さんの自発呼吸を尊重し、それを圧でサポートする方法です。 […]

低酸素血症 Hypoxemia

1:低酸素血症の病態・原因 呼吸生理の記事で勉強した呼吸生理の全体像を踏まえて、どこが障害されると低酸素血症になるか?を解説していきます。 まず酸素化に関係する要素をみていきます。上図で”PaO2″へ向かう矢印(青色で表現:酸素化と関係している項目)をまとめると、1:平均気道内圧2:PAO23:AaDO2この3要素で”PaO2″が規定されることが分か […]

呼吸生理 総論

0:呼吸の統合的な理解 呼吸生理を理解するのは難しい・・・と思っている方が多いと思います。確かに呼吸生理はV/Qミスマッチ、シャント、肺胞コンプライアンスなど勉強しないといけない項目が沢山あります。しかし多くの場合、呼吸生理を理解できていない原因は「それぞれの項目が呼吸生理全体のどこに位置しているかをつかめていない」ためだと個人的には思います。 例えば心不全でV/Qミスマッチが起こると勉強してその […]

人工呼吸器 原理

人工呼吸器は理解に時間がかかる分野です。いたずらにモードを覚え始めるよりも、自分で人工呼吸器を一から作ってみる視点で勉強すると分かりやすくなると思います。人工呼吸器の原理を理解せずして、モードの理解や人工呼吸器の管理は出来るように決してならないのでここでは原理を中心に解説します。 1:どのように空気を肺へ送るか? ここでのテーマは「どのようにして空気の流れを生み出すためか?」という点です。空気は圧 […]

胸腔ドレーンの原理

私が胸腔ドレーンの原理を初めて勉強したとき理解するのにものすごく時間がかかりました・・・。理解するためのポイントとしては「連続する空間の圧は同じになる」という物理原則と「自分で胸腔ドレーンを一から組み立てる」気持ちで考えてみることかと思います。少しでも理解の促進になればと思いここで解説させていただきます。 1:胸腔からどう空気を抜くか? 気胸の患者さんと想定してどのようにすれば胸腔の空気を安全に抜 […]

VV-ECMO (veno-venous extracorporeal membrane oxygenation)

昨今のCOVID19流行により、私も現在救急集中治療のお手伝いをさせていただいております。そこでVV-ECMOの管理があり、必要最低限の知識は知っている必要があるため、勉強している内容を体裁させていただきます(なのでやや不完全な内容であったり、耳学問のところもありすみません)。2009年のH1N1インフルエンザによる急性呼吸不全でVV-ECMOが活躍した様に、今回のCOVID19でもVV-ECMO […]

酸素療法 oxygen therapy

0:酸素療法を始める前に 酸素療法を始める前に以下の4点を確認してから開始するようにします。低酸素血症の理解が前提として必要なので、こちらを参照ください。 1:酸素化の問題でよいか?(換気の問題ではないか?)2:FIO2/投与量の設定3:Low flow system(低流量システム) or High flow system(高流量システム)4:目標SaO2をいくつに設定するか? 以下それぞれに関 […]

酸素を届ける:SaO2とPaO2の違い

血液ガスをとると必ず、SaO2とPaO2どちらの項目も表示されています。目的、状況に応じてPaO2に着目するべきなのか、SaO2に着目するべきなのかを判断できるようになるため、ここではSaO2とPaO2の違いに関して解説します。 1:酸素供給とは? 組織への酸素供給(DO2: delivery O2)は 、「心拍出量」、「ヘモグロビン濃度」、「酸素飽和度」の3つの要素で規定されます(具体的な式は下 […]

呼吸生理 酸素化

1:酸素化の病態生理 ここでは今までの話を踏まえて酸素化にスポットを当てて考える。全体図のうち、直接酸素化(PaO2上昇)に関与する項目は下図赤字部分だ。 これをイメージで理解するために下図を利用する。下図では酸素をオレンジ色のつぶつぶで表現している。酸素化とはつまり酸素をどうやって血液に届けるかである。 まず酸素は二酸化炭素と異なり勝手に素早く血液に拡散してくれないため、この酸素のつぶつぶを血液 […]

呼吸生理 旧バージョン

このチャプターは書き直した最新版があるので、こちらをご参照ください。 呼吸生理は人工呼吸管理の理解や、疾患の理解に重要だ。呼吸ある部分にだけ注目していると、「木を見て、森を見ず」となってしまうことが呼吸生理の最も難しいところだと思う。統合した理解のための全体図として下図を利用して説明したい。これを元に別の記事で肺炎ではどこが問題なのかといった疾患ごとの理解や酸素療法はどこに介入しているのかといった […]