注目キーワード
MONTH

2021年11月

リンパ節の診察

リンパ節の触診は内科医にとって必須のphysical examinationです。これも本によって書いてあることがまちまちなので、混乱を招く要因になっている気もしますがまとめたいと思います。 頸部リンパ節 前頸部リンパ節 ・意義:咽頭・口腔~顔面からのリンパ還流を受ける部位であり、咽頭炎などで最もリンパ節腫脹を認めやすい部位・分類1:浅頸部リンパ節:胸鎖乳突筋の表層に位置するリンパ節・触診の方法: […]

肺の聴診

前回心臓の聴診に関しての記事をupしましたが、肺の聴診に関してもCOVID19の影響で発熱患者さんの診療で自分の聴診器が持ち込めなくなる関係もあり、聴診技術を向上させる機会が減少しているように感じます。呼吸器のphysical examinationを初期研修のうちにきちんと身に付けておくことが呼吸器科をローテートする際に最も重要と思います。耳学問が多いですが、勉強した内容を簡単にまとめたいと思い […]

心臓の聴診

世の中には聴診の達人が沢山いらっしゃるので私のような未熟者が解説するのが適切かどうか分かりませんが、まとめたいと思います。基本的な内容が多いため、医学生~初期研修の先生方の参考になりましたら幸いです。自分の聴診技術はそのほとんどが耳学問だったのでこの記事を書くにあたって改めて身体所見の書物をいくつか眺めてみましたが、本ごとに記載している内容にかなり違いがあることに驚きました。このためもしかしたら皆 […]

てんかん重積とMRI所見の対応

今までてんかん重積(periictalとpostictalを含みます)と頭部MRI画像検査の対応関係に関しては耳学問のみできちんと調べられていなかったため勉強した内容をまとめます。ここではてんかんの原因となるMRI画像所見(例えば異所性灰白質など)に関しては扱いませんのでご容赦ください。まず先に結論である「ポイント・まとめ」を提示します。 ポイント・まとめ ・大脳皮質、視床枕、海馬などがてんかん重 […]

頸動脈の聴診

頸動脈の聴診は特に神経内科医にとっては基本的な一般身体所見です。もしかしたら色々な流派があるかもしれないので、あくまで参考にしてください。 ポイント1:基本的に聴診器のベル型を使用する ・血管雑音の聴取で注意しないといけない点は、聴診器を強く押し当てすぎてはいけないということです。聴診器を血管に対して強く押し当てると血管狭窄が存在しなくても乱流や狭窄を生んでしまうことで血管雑音を聴取してしまう場合 […]

脾腫の診察方法

脾腫の身体所見に関してまとめます。 Traube腔の打診 ・解剖:Traube’s space(Traube腔)は内縁を第6肋骨肋軟骨接合部、上縁をその接線、外縁を左前腋窩線、下縁を肋骨縁によって形成されたスペースで(第6肋骨~前腋窩線~肋骨縁による三角形とする報告もあります)、本来は胸水貯留の診察目的に利用されていたspaceです(通常は「鼓音」を呈するが胸水貯留により「濁音」を呈す […]

脳出血後の抗血小板薬再開をどうするか?

タイトルの疑問に関する論文を紹介します。実臨床でよく遭遇する疑問なのでとても重要なテーマです。 “RESTART” Lancet 2019; 393: 2613–23 背景:長期的抗血栓薬投与による血栓塞栓症予防の研究は基本脳出血が既往にある患者を除外している。小規模な研究では脳出血後の患者に抗血栓薬を投与しても出血リスクは増大しないという報告があるが、前向きの大規模臨床試 […]

未破裂脳動脈瘤とrt-PA

今回は論文を1つ取り上げます。Neurologyから”Risk of Aneurysm Rupture After Thrombolysis in Patients With Acute Ischemic Stroke and Unruptured Intracranial Aneurysms” Neurology ® 2021;97:e1790-e1798.より引用 背景 […]

Twitterをはじめました!

私(管理人)はこの年まで恥ずかしながらtwitterをしたことが一度もなかったのですが・・・、医学知識・ホームページ・ブログの活動・情報を広げるためホームページと連動したtwitterをはじめることにしました! アカウント名はこちらです https://twitter.com/igakukotohajime 学んだ内容を少しずつ共有していきますので、もしよければ是非フォローしていただけると嬉しいで […]

CMV感染後のギラン・バレー症候群

ギランバレー症候群一般に関してはこちらにまとめがあるためご参照ください。Campyrobacter jejuni感染後は抗GM1抗体は分子相同性の機序によって末梢神経障害を引き起こす機序が推定されています。抗GM2抗体(IgM)がCMV感染後GBSで患者の血清から認めることは有名ですが、これが本当にpathogenic(病原性があるのか?)は証明されていません。その経緯をみていきたいと思います。 […]