注目キーワード

神経障害性疼痛

いわゆる「しびれ」(異常感覚)に対してスパッと効果のある薬剤はなかなか無いのが現状ですが、実際にはその中でも試行錯誤しながら対症療法を進めていきます。ただいずれの薬剤も副作用(とくにふらくきや眠気など)があり、高齢者では転倒のリスクになってしまったりと本末転倒な結果を招きかねないため慎重に使用する必要があります。

プレガバリン

商品名:リリカ
作用機序:Ca2+チャネルα2δリガンド
製剤:25mg, 75mg, 150mg/OD錠・カプセル
半減期:5.8時間
・投与量 開始量:25-150mg/日
・最大投与量:600mg/日(添付文章上) *実際には300mg/日程度までにとどめる場合が多い
*腎機能による投与量調節
・CCr=30-60mL/分:初期投与量25mg 3錠分3、または75mg 1錠分1 最高投与量300mg/日
・CCr=15-30mL/分:初期投与量25mg 1錠分1、25mg 2錠分2、または50mg 1錠分1、最高投与量150mg/日
・CCr<15mL/分:初期投与量25mg 1錠分1 (最高投与量75mg/日)

(処方例:高齢者開始量)プレガバリン25-75mg 1錠分1眠前
*高齢者でいきなり添付文章通り150mg/日を投与すると多すぎてふらつきが目立ち転倒リスクが高くなるため、高齢者では必ず少量から開始、漸増する。
副作用:ふらつき(めまい)、傾眠
禁忌:なし

おそらくリリカは最も頻用されている「しびれ」の対症療法薬と思います。いきなり高用量から開始してふらふらにさせてしまうといけないので、かならず特に高齢者では少な目の量から漸増するアプローチが重要です。

ガバペンチン

商品名:ガバペン
機序:Ca2+チャネルα2δリガンド 製剤:200mg, 300mg, 400mg/錠
半減期:6-7時間
投与量:開始量100-300mg/日
(処方例:開始量)ガバペン200mg 0.5-1錠分1夕食後 その後徐々に増量
*神経障害性疼痛に対して保険適応がない点に注意(元々抗てんかん薬の適応)
副作用:傾眠、めまい、複視など *薬剤相互作用はほとんどなし

デュロキセチン

商品名:サインバルタ
作用機序:SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
製剤:20mg, 30mg/カプセル 代謝:CYP2D6
投与量 開始量:20mg/日 維持量:40-60mg/日 最大投与量:60mg/日
投与回数:1日1回投与
(処方例:開始)デュロキセチン20mg 1カプセル分1
副作用:消化器症状、セロトニン症候群など
禁忌:高度肝機能障害・腎機能障害(CCr<30mL/分)、コントロール不良の閉塞隅角緑内障、MAO阻害薬(併用禁忌)

個人的にはリリカは全然効果がなかったけれどサインバルタは効きましたという患者さんに数人出会っています。併用薬剤や禁忌、セロトニン症候群などに注意すれば比較的安全に使用することが出来る薬剤と思います。

三環系抗うつ薬

高齢者では副作用も多くやや使いにくいため管理人は普段日常臨床ではあまり使用しておりません。

参考文献:神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン 改訂第2版(日本ペインクリニック学会)