足の感覚神経まとめ

解剖まとめ

・坐骨神経は膝窩で脛骨神経(tibial nerve)総腓骨神経(peroneal nerve)に分枝します。
脛骨神経(tibial):下腿後面を走行し、内果後下方の屈筋支帯(後足根管)を通過し、内側足底神経、外側足底神経として足底部へ分布します。
総腓骨神経(peroneal):浅腓骨神経と深腓骨神経に分岐します。
 浅腓骨神経(superficial peroneal):下腿の前外側を走行し、足背では内側足背皮神経、中間足背皮神経として足背に分布します。手では環指の橈側と尺側で分布する神経が分かれる(正中神経、尺骨神経)ことと同じように、足底では第4趾の外側と内側で分布する神経が分かれます(外側足底神経、内側足底神経)。
 深腓骨神経(deep peroneal):深腓骨神経は線維のほとんどが運動成分(前脛骨筋、長趾伸筋、長母趾伸筋、第三腓骨筋、短趾伸筋)ですが、感覚成分は前足根管を通過し最遠位で第1,2足趾間に分布します。
腓腹神経(sural):腓骨神経由来の外側腓腹皮神経と脛骨神経由来の内側腓腹皮神経が下腿中央で合流して腓腹神経を形成し、外果下を走行して足外側に分布します(外側足背皮神経とも表現します:浅腓骨神経由来の内側・中間足背皮神経と合わせて)。
これらの関係図を以下にまとめます。 read more