正中神経 median nerve

解剖

・正中神経は「上腕内側→肘窩→(前骨間神経(深枝・運動)を分枝として出す)→前腕→手根管→手」を走行します(下図参照)。正中神経の掌側枝(感覚線維)は手根管に入る前に分枝し、手掌母指球周囲の感覚を担います。
・前腕の筋肉は浅層と深層の2つに分かれますが、これは正中神経より浅いか深い位置にあるかで分けられます。前腕浅層の屈筋群はすべて上腕骨内側上顆から起始します(前腕の筋は上腕骨の左右から起こり、上腕骨外側は伸側、上腕骨内側は屈側と対応しています)。
・前骨間神経はこのうち前腕深層の筋肉を支配します。前腕の屈筋はそのほとんどが正中神経支配で、尺側手根屈筋と深指屈筋の第4,5指は唯一尺骨神経支配です(発生の過程で上腕-筋皮神経、前腕-正中神経、手-尺骨神経の大まかな対応関係があります。
浅層1:円回内筋、撓側手根屈筋、長掌筋、尺側手根屈筋(尺骨神経)
浅層2:浅指屈筋
深層3:長母指屈筋(FPL: flexor pollicis longus)、深指屈筋(正中神経+尺骨神経)
深層4:方形回内筋 read more